かずみが戦略的なバイラルマーケティングを使ったWebビジネスについて語るブログ。2007年からの知識を結集して情報を発信。

ストラテジーバイラルマーケティングWebビジネス

海外旅行

海外暮らし候補地のマレーシアに一人で行ってみた

投稿日:2019年5月16日 更新日:

かずみです。

マレーシア滞在2日目です。

 

マレーシアに来て率直な感想は

・予想以上に都会だった

ってことですね。

 

なんとなくイメージとして
まだ発展途上にある国な気がしてました。

だけど、私が今回宿泊している
ペトロナスツインタワーの付近は
高層の建物がたくさん。

またショッピングモールも規模が
とても大きくてしかもオシャレ。

おまけにものすごい建設ラッシュで
次々に高層ビルが作られてました。

 

なんだかこの光景はドバイに
似てるなぁと思いましたが、

これからどんどん伸びてくる
国なんだということがこれで分かります。

 

夫婦で来年以降の住む場所の
としてマレーシアを挙げていますが
色々な面を総合的に考えても

ここはありかなと思います。

 

何より物価が安い!ってことは
いいですからね。

 

今回泊まっているのはホテルの中にある
コンドミニアム。

泊およそ約5000円。

約80平米で家具家電付き。
ネット環境も整っていて、すぐにでも
ここに住めそうです。

 

ただ探せばもっと安いところがありそう。
他の人のツイッターで約1000円で
結構広いところ借りてる方がいたので。
(場所は分からないんですけどね)

 

ただ、つ気になるのは車の多さ。
自分で運転しよう!って気にはなれないほど多い。

しかし、ここではGRAB(グラブ)という
配車アプリがあって(ウーバーみたいなの)、
それを利用すればかなり安い金額で移動出来ます。

 

昨日は宿泊場所からパビリオンという
大きなショッピングモールまで行きましたが

RM6(6マレーシアリンギット)

でした。

 

RM1は約26円なので、
158円ほど。

これで約10分ほどのところの
パビリオンまで。

実際は時間帯的にめちゃくちゃ渋滞
していたので、25分ぐらいかかりました(汗)

それでも最初に料金が決定しているので、
どれだけ時間がかかったとしても変わりません。

 

またGRABは

・乗る場所と降りる場所を事前に
スマホアプリの中で指定

しているので、運転手さんに
行き先を告げる必要がありません。

だから英語が喋れなくっても目的地まで
行くことが出来ます^^

 

そして支払いはスマホアプリで
クレジットカードを設定していれば
それも自動で支払いができるので、
直接のやり取りもありません。

 

初めて使う時にはドキドキしましたが
度使ってしまえば、なんてことないので
マレーシア滞在期間中は手放せなくなりそうです。

 

あと食べ物ですね。
これが住むってなると番の問題かと。

これについてはまだ2日目なので
正直分かりません。

 

昨日の夜食べたシーフードの焼きそば
みたいなのは味しかったんですが

今日のお昼に食べたそれと似た
少し麺が太いものは辛くて全然食べれませんでした(泣)

辛いのがめちゃくちゃ苦手なので、
チョイスを考えないといけなさそうです。

 

おまけに私はお肉と卵が基本駄目なので
それもあって食べるものの幅が狭まってしまうんですよね。

これについては国は関係なく
どこでも困っていますが(笑)

 

そして番の問題はお酒ですね。

お酒が大好きなんですが、マレーシアは
イスラム教の方が半分以上を占める国。

そのため基本的にお酒はNG。

 

だけど飲めないことはありませんが
高いんですよね(汗)

普通に食事と同じぐらいか
それ以上かかります。

ちなみに昨日いったパビリオンの
モールのスーパーマーケットは
こんな感じ。

 

バカ高いわけじゃないですが、
スーパーマーケットでこの金額なので
レストランなんかだと結構高いです。

このあたりは物価的に日本と同じだと
考えればいいのかもしれません。

 

まだ丸日滞在したぐらいですが、
泊まっているところが予想以上に快適なので
このままここに住み続けてもいいかなぁと
思ってます。

 

今回は7泊ですが、とりあえず
将来、住むことを想定して生活基盤として
どうなのかなぁ~ということで
色々リサーチしてみます。

 

 

 

 

 

 

-海外旅行

Copyright© ストラテジーバイラルマーケティングWebビジネス , 2019 All Rights Reserved.